このページでは「労災発生から解決の流れ」に関して解説いたします。

労災事故の発生

不幸にして業務上災害に遭って負傷等してしまった場合、これが、いわゆる労災です。

厚生労働省の統計によれば、製造業、建設業、陸上貨物運送事業の順で死傷者が多く、全産業の死傷者の58%を占めているとされています(平成18年度)。
 

労災保険給付申請手続

労災保険給付を受けるためには、給付項目別の給付請求書を添付書類とともに、所轄の労働基準監督署に提出することが必要となります。

各請求書は、労基署に備え付けの用紙を利用するか、厚生労働省HPで取得します。

記載例は、厚生労働省HPで確認することができます。
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/040325-14.html

なお、各給付を受ける権利には消滅時効があるので、注意が必要です。

★弁護士からの一言アドバイス
この段階では、後遺障害認定を見越した証拠収集、その後の対応の計画を立てることが重要になります。弁護士に法律相談されることをお勧めします。

使用者側と交渉

労災支給決定を踏まえ、会社・使用者側と、賠償について交渉することになります。

会社・使用者側が責任を認めなかったり、会社・使用者側の提示額が低かったりする場合には、交渉ではない解決を検討することになります。

★弁護士からの一言アドバイス
この段階以降では、専門家である弁護士による損害額の計算、法的主張の成否、示談交渉力が重要になります。弁護士への依頼を含め、ご検討が必要です。

民事訴訟・労働審判

会社・使用者側との交渉が不調となった場合には、民事訴訟又は労働審判で解決を図ることになります。

労災事故の場合、当事務所では民事訴訟(通常の裁判)を選択することが多いと思われますが、事案の難易や迅速的な解決が必要な場合には、労働審判を検討することもあるかもしれません。

★弁護士からの一言アドバイス
この段階では、専門家である弁護士による代理人活動が極めて重要になります。まだ遅くはありませんので、弁護士への依頼を含め、ご検討が必要です。

解決

訴訟の判決や和解により、裁判所で決まった賠償額を会社・使用者側から受領し、労災事件は解決することになります。

★まずは、LINEからお気軽にお尋ねください。
友だち追加

相談は無料です。お気軽にお問い合わせください

労働災害(労災)に関するご相談は、初回30分まで無料です。
また、初回のみ10分程度の電話無料相談も行っております。
お気軽にお問い合わせください。
※当事務所では、事故による労働災害のみご相談・受任を承っております。
お問い合わせ

労災関連ページ一覧

労災コラム
労災トップページ
相談から解決までの流れ
労災問題の解決事例
労働災害被害のQ&A
弁護士による解決方法
労災発生から解決の流れ
会社の賠償額支払い拒否について
労災の基礎知識
労災による後遺障害の認定について
障害等級表および給付内容