状況に応じて以下の各給付がなされます。

①療養(補償)給付-労働者が傷病のため療養を必要とする場合。

②休業(補償)給付-労働者が傷病の療養のため労働できず賃金を受け取れない場合。

③傷害(補償)給付-労働者の傷病が治癒した後、障害が残った場合。

④傷病(補償)年金-労働者が傷病による療養の開始後1年6か月を経過しても治癒せず、傷病等級の1級から3級に該当する場合。

⑤遺族(補償)給付-労働者が死亡した場合。労働者の死亡当時、労働者の収入により生計を維持していた配偶者その他の遺族に対して支給される遺族(補償)年金と同年金を受ける権利がある遺族がいない場合に支給される遺族(補償)一時金があります。

⑥葬祭料・葬祭給付-労働者が死亡し、葬祭を行った場合。

⑦介護(補償)給付-労働者が障害により障害(補償)年金または傷病(補償)年金を受給しており、現に介護を受けている場合。

・業務災害と通勤災害とで給付内容は異なりますか。
給付内容は基本的に異なりませんが、給付時の取扱いには以下の違いがあります。

通勤災害により療養給付を受ける場合、労働者の一部負担金として200円が控除されます。

労働災害により休業した1日目から3日目までは待機期間として労災保険からの休業補償は支給されません。

この点に関して、業務災害の場合は最初の3日間について事業主から休業補償がなされますが、通勤災害の場合は事業主からの休業補償はなされません。

相談は無料です。お気軽にお問い合わせください

労働災害(労災)に関するご相談は、初回30分まで無料です。
また、初回のみ10分程度の電話無料相談も行っております。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

労働災害被害のQ&A

No 質問内容
1 業務災害と認定されるのはどのような場合ですか
2 通勤災害と認定されるのはどのような場合ですか
3 休憩時間中や就業時間外に起きた災害は業務災害になりますか
4 出張中の災害は業務災害になりますか
5 会社の懇親会に参加中の災害は業務災害になりますか
6 会社に所属しているすべての人が労災保険の対象となるのですか
7 労災保険ではどのような給付がされるのですか
8 労災が発生した場合の給付請求はどのように行いますか
9 労災給付と賃金との差額を会社が負担した場合でも休業(補償)給付を受け取ることはできますか
10 後遺障害とは何ですか
11 症状固定とは何ですか